内装リフォームで知っておきたい費用と5つの注意点 【クロス張替え】

内装リフォームで知っておきたい費用と5つの注意点 【クロス張替え】 内装リフォームのクロス張替えで知っておいて欲しい費用に対する5つの注意点があります。
一つ目が本当にクロスの張替えが必要かということです。少し破けているから張替えなければいけないと思っている人もいるかもしれませんが、業者に依頼するならば彼らはプロですので張替えだけでなく、補修ということも行うことができます。
このことにより、費用をぐっと抑えることができます。
二つ目が湿気が多い場所には防カビ対策のクロスを貼るということです。防カビ対策のクロスは少し高いですが、普通のクロスを貼ってカビが生えてしまったからと張り替えるよりは安いです。
三つ目が下地の処理です。高くなってしまうからと、下地の処理を怠るとクロスが剥がれてくるのが早くなってしまい結果的には余計に費用がかかってしまいます。
四つ目が複数の業者に見積もりを取るということです。クロスの単価から人件費まで業者によって大きく異なりますので、複数の業者に見積もりを依頼することによって適正な価格がわかります。
五つ目が汚れる場所へ白のクロスを使用しないということです。室内であれば、どうしても汚れやすい場所があります。
この際に白のクロスを使用してしまうと、どうしても汚れが目立ってしまうために、白のクロスだけは避けるようにして下さい。
以上、五点がクロス張替えの際に注意して欲しい注意点でした。これらを考慮した上で、適正な費用を考えてみて下さい。

知ってるだけで仕上りが変わる!自分でクロス張替えをする際の失敗とその改善点

知ってるだけで仕上りが変わる!自分でクロス張替えをする際の失敗とその改善点 部屋を好みの柄にしたいのであれば、自分でクロス張替えをしてみるのも一つの方法です。
とはいえ、素人の作業ですから、上手く行かずに失敗する可能性もあります。
例えばよくある失敗は、クロスと壁の間に空気が入ってしまったという場合です。多少の空気なら気にしないで過ごすということもできますが、仕上りを完璧にしたいのであれば、空気を抜く方法を予め準備しおきましょう。
まずクロス張替えの時点で空気が入るのを防ぐならば、使うと良いのはスムーサーです。
スムーサーと言うのはハケのような形をしている道具で、空気が入っている部分にあてて、クロスの端に向かって押し出していくと、きれいな仕上りにすることができます。ただし力を入れすぎると、破れてしまうので注意しましょう。
他にも考えられる失敗としては、クロスが曲がってしまうということがあります。特に形が不規則な壁や天井のクロス張替えでは、少しのズレが仕上がりに影響を与えます。
まっすぐに張るためには重りをつけた紐をぶら下げてクロスに鉛筆で書いた基準線と重なるようにすれば垂直になるといった方法があります。
もしも壁紙に基準線を書くのが嫌ならば、ラインを書く代わりにタコ糸を張っておき、それが重りを付けた糸と重なるようにすれば大丈夫です。

クロス張り替えに関するお役立ちリンク

東京・神奈川を拠点とするクロス張り替え会社のサイト

クロス張替え 神奈川

新着情報

◎2018/2/22

空気が入らないよう注意
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

張替えで部屋の雰囲気は変わる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/29

業者はどう選ぶ?
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

上手な貼り方&アイデア多数紹介
の情報を更新しました。

◎2017/5/26

板壁風壁紙を貼って大胆リメイク
の情報を更新しました。

「リフォーム」
に関連するツイート
Twitter